理由は様々ですが、必ずインプラント治療を受けられるものではなく、インプラントの埋入はできないばあいもあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だのもう少し粘ってみてください。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば治療はできるようになってきています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる限り探すことが重要なのです。

歯医者さんの勧めで、インプラント治療を受けるカラも増えています。

歯周病で歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根をあごの骨に埋めその上に歯をくっつける人工歯根と、その上の義歯作りの新しい歯を作ることです。

歯が抜けてしまったときには、昔からブリッジや入れ歯を使用してきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感触も自分の歯に最も近く、手入れを怠らなければ、長い間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用外なので治療費が高額になることは問題です。

インプラント治療の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。

そう言ったことを念頭に置いて、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと思ってください。

院内感染防止の危機管理をホームページで述べている歯科医院も真っ先に見ておきたいところです。

失敗したとき、やり直しはきかないということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければもう一度を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷ということにもなりかねません。

最近歯科治療において話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、注意点もあるのです。

何より、インプラント治療を受けることができない場合もあることです。

できないと知ってからでなく、事前によく調べてください。

いくつかの事例を挙げてみましょう。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が極端に弱っている方、骨の量が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることも考えられます。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術なので、勿論、ある程度のリスクを伴う治療です。

インプラント本体にまつわる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目が変わってしまう問題もあります。

失敗の可能性を少しでも無くすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

人工物を入れられた違和感を感じています。

数日たって腫れが引けば、かなりなじんでくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが出る、腫れが増してきた、などの症状がある場合は、大至急適切な対応をすることになります。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。