塗料を塗ることによって防水性を上げ、しかし現在、投資対象としての意義が大きくなっている。

雨漏りなどを防ぎます。

また結露を防ぐためには、水分は遮断、湿気は通過させるという透湿性も大事になります。

断熱効果というものは、要するに単なるモノなのである。

遮熱効果の高い材料と一緒に使用するとより効果を高めることが出来ます。

使っている塗料の性能を超えてしまわない間に、外壁を保護することで外壁自体の劣化を防ぎ、建物を長寿にし、経済的にも損失が減ります。

外壁自体のクラック、外壁が剥がれていたり、またチョーキング(手で触ると白い粉が付く)が起こっていたり…といった劣化した状態で長く放置すると、外壁が水分を防げずに内部に浸透してくることでそのまま雨漏りしてきたり、外壁や内側の壁本体の腐食が起きたりします。

外壁の塗替えはその建物の景観を高めるのは当然、外壁を保護する大事な役割もあります。

外壁を保護し、防水性&耐久性を上げる塗料の機能によって断熱効果、遮熱効果に加え、雨を利用して汚れを流す塗料まで存在します。

御存知の通り外壁塗装は外壁の耐久性を高めます。

主流で使われる塗料は、耐久性の低いもの~耐久性の高いものという順に並んでいます。

家の外壁で最も多い失敗は、塗料そのものの性能を超えた期間、外壁塗装を施工しなかったために、外壁のみならず、内側のカベまでダメージを届かせてしまうのです。

このような状態にまで進行すると、壁本体の補修が必要になる場合もあります。

実はその方が、リーズナブルだったということが多いです。

家の外壁を塗り替えるときは、できるだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、概ねの相場を知っておくなど、計画性が大事です。

失敗しやすい最大の要因は、複数の業者から見積りを取らずに、外壁工事をしてしまうことです。

費用相場を知らずに業者の言い値でやってしまうと、知らない間に損をしているケースが多いです。

アクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系があります。

フッ素系塗料は耐久性に優れ、雨、風、日光の影響を最も受ける、屋根に使われることが多いです。

一般的に最もポピュラーな塗料といえば、お値段と耐久性のバランスが良いコスパが人気のシリコン系塗料となっています。

外壁は素材の違いにより、湿度が高くなると弱るものも存在します。

直射日光による外壁、屋根表面の温度上昇を遮る遮熱効果により夏場の冷房効果を効率的にし、断熱効果が高めの材料を併用すれば冬場の室温低下も防ぐことができます。

一般にはまだまだ認知度が低い光触媒塗料や微細なセラミック樹脂を配合した塗料などでは、外壁に付着した汚れを雨が降った際などに、自動的に洗い流すセルフクリーニング効果のある塗料も出現してきました。